登録有形文化財(建造物)
 主情報
名称 大田切橋梁
ふりがな おおたぎりきょうりょう
上流側全景(西から)
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1基
種別1 交通
種別2 土木構造物
時代 明治
年代 明治20年
西暦 1887
構造及び形式等 石造及び煉瓦造、橋長80m、拱渠延長94m、拱渠幅員7.6m、翼壁付
その他参考となるべき事項
登録番号 15 - 0543
登録回 97
登録告示年月日 2021.02.04(令和3.02.04)
登録年月日 2021.02.04(令和3.02.04)
追加年月日
登録基準1 造形の規範となっているもの
登録基準2
所在都道府県 新潟県
所在地 新潟県妙高市大字坂口新田字坂ガケ657-1~大字二俣字東熊堂435-5
保管施設の名称
所有者名 えちごトキめき鉄道株式会社
所有者種別 営利法人
管理団体・管理責任者名
上流側全景(西から)
写真一覧
地図表示
解説文:
関川水系太田切川最下流部を横断する鉄道橋。スパン七・六メートルの単アーチ橋で、アーチ部を煉瓦積、側壁等をブラフ積風とするインバート付の精緻な構造体と高さ三メートル超の盛土からなる。建設担当は本間英一郎で、鉄道創業時代の国の技術水準を示す。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし