国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 旧綱ノ瀬橋梁及び第三五ヶ瀬川橋梁
ふりがな キュウツナノセキリョウオヨビダイサンゴセキガワキョウリョウ
棟名 旧綱ノ瀬橋梁
棟名ふりがな キュウツナノセキリョウ
01 旧綱ノ瀬橋梁 全景
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1基
種別 近代/産業・交通・土木
時代 昭和
年代 昭和12年
西暦 1937
構造及び形式等 鉄筋コンクリート造四三連アーチ橋、橋長四一七・八メートル
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 2721
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2020.12.23(令和2.12.23)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (二)技術的に優秀なもの
重文指定基準2
所在都道府県 宮崎県
所在地 宮崎県延岡市椎畑~西臼杵郡日之影町大字七折梁崎
保管施設の名称
所有者名 延岡市
所有者種別 市区町村
管理団体・管理責任者名
01 旧綱ノ瀬橋梁 全景
写真一覧
地図表示
解説文:
延岡と日之影を結んだ,日之影線(のち,高千穂鉄道)の鉄道橋で,同線開通の昭和14年までに竣工した。
旧綱ノ瀬橋梁は,橋長約418mで大小のコンクリートアーチからなる。五ヶ瀬川支流の綱ノ瀬川にかかる大アーチは,鉄道橋として当時最大の支間(スパン)45mで,その前後に42連の小アーチを連続する。旧第三五ヶ瀬川橋梁は,橋長約268mで,鋼製トラス橋と我が国初の連続方杖ラーメン等からなる。
鋼材使用が制限される中,鉄道省が最先端の技術を駆使して,完成したもので,近代コンクリート構造物の技術的到達点の一つを示す。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし