国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 旧大原家住宅(岡山県倉敷市中央)
ふりがな おおはらけじゅうたく
棟名 主屋
棟名ふりがな しゅおく

地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/民家
時代 江戸後期
年代 19世紀前半
西暦 1801-1900
構造及び形式等 居室部 正面14.4m、側面16.8m、一部二階、丁字形入母屋造、
四面庇付、本瓦葺、背面突出部附属、
座敷部 桁行13.4m、梁間6.6m、北面入母屋造、南面居室部に接続、
    桟瓦葺
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 01790
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1971.03.11(昭和46.03.11)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1
重文指定基準2
所在都道府県 岡山県
所在地 岡山県倉敷市中央一丁目2番1号
保管施設の名称
所有者名 株式会社三楽
所有者種別
管理団体・管理責任者名


地図表示
解説文:
大原家は、倉敷において江戸時代後期から台頭した「新禄」と呼ぶ町人層の中でも筆頭に位置する豪商で、主屋はじめ十棟が重要文化財に指定されている。屋敷は十九世紀初めから大正にかけて順次整えられたものであるが、倉敷の現存する町家の中では最も規模が大きく、附属屋も完備していて、いかにも倉敷らしい商家の構えを保っている。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  添付ファイル なし