国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 井上家住宅(岡山県倉敷市本町)
ふりがな いのうえけじゅうたく
棟名 主屋
棟名ふりがな おもや


井上家住宅主屋
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/民家
時代 江戸中期
年代 18世紀初期
西暦 1701-1800
構造及び形式等 居室部 正面16.9m、側面20.4m、二階、丁字形側面入母屋造、
    背面切妻造、四面庇付、西面湯殿及び便所附属、
座敷部 桁行11.4m、梁間6.9m、一部二階、入母屋造、
    …
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02411
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2002.05.23(平成14.05.23)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (三)歴史的価値の高いもの
重文指定基準2 (五)流派的又は地方的特色において顕著なもの
所在都道府県 岡山県
所在地 岡山県倉敷市本町1番40号
保管施設の名称
所有者名
所有者種別
管理団体・管理責任者名


井上家住宅主屋
写真一覧
地図表示
解説文:
井上家住宅は,倉敷市倉敷川畔重要伝統的建造物群保存地区の中心をほぼ東西に貫く本町通りに面し,南西に正面を向けて建つ。
 江戸時代には,村役人・地主として,町政を主導した旧家のひとつである。
 主屋は,通りに面した表屋部分,背後の角屋からなる居室部,さらに角屋西に接続した座敷部で構成されている。建設年代は18世紀初期頃と伝え,形式・技法からもこの時期の建築と考えられる。
 井上家住宅主屋は,大型で上質なつくりになる倉敷を代表する町家で,重要伝統的建造物群保存地区内に残る最古の町家建築である。
 特に,主体部はよく当初の形式を残し,この地域の町家の成立発展を考える上で貴重な遺構である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  添付ファイル なし