重要伝統的建造物群保存地区
 主情報
名称 高岡市吉久
ふりがな たかおかしよしひさ


高岡市吉久
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
種別1 在郷町
種別2
面積 4.1
その他参考となるべき事項
告示番号
選定年月日 2020.12.23(令和2.12.23)
追加年月日
選定基準1 (二)伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持しているもの
選定基準2
選定基準3
所在地 富山県高岡市


高岡市吉久
写真一覧
地図表示
解説文:
高岡市吉久は、江戸時代に小矢部川河口の吉久御蔵を中核として形成された在郷町で、明治時代に御蔵が失われて以降も米穀商を中心に栄えた。放生津往来沿いに、江戸時代後期までに形成された地割とともに、二階を物置とするために窓を設けず閉鎖的な表構えとするなど、江戸時代後期から近代に建てられた当地域独特の切妻造平入の町家が残り、高岡の小矢部川河口部に栄えた在郷町の歴史的風致を良く伝える伝統的建造物群保存地区。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし