国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 紙本墨画蓮図(能阿弥筆/自詠和歌及七十五歳の款記がある)
ふりがな しほんぼくがはすず(のうあみひつ/じえいわかおよびななじゅうごさいのかんきがある)


紙本墨画蓮図
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1幅
種別 絵画
日本 
時代 室町時代
年代 文明3年(1471)
西暦 1471
作者 能阿弥
寸法・重量 縦24.7㎝ 横31.5㎝
品質・形状 紙本墨画 掛幅装
ト書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 2083
枝番
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2016.08.17(平成28.08.17)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 大阪府
所在地 大阪府泉北郡忠岡町忠岡中2-9-26
保管施設の名称 公益財団法人正木美術館
所有者名 公益財団法人正木美術館
管理団体・管理責任者名


紙本墨画蓮図
写真一覧
地図表示
解説文:
 本図は、足利将軍家に仕えた能阿弥の最晩年の小品である。能阿弥は、将軍家の書画コレクションに直接関わることのできた立場から、唐物、すなわち良質な中国宋元画に触れる機会があり、それらを研究して自らの画風を形成した。当時は、南宋の牧谿という画僧の柔らかい画風がもてはやされたが、本図はその特徴を良く示している。画中に能阿弥自作の和歌と75歳のサインが記されている。後の狩野派などにも大きな影響を与えた阿弥派の初代による最晩年の基準作として貴重である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  一つ書 なし
  添付ファイル なし