重要無形民俗文化財
 主情報
名称 永井の大念仏剣舞
ふりがな ながいのだいねんぶつけんばい
永井の大念仏剣舞
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 民俗芸能
種別2 風流
その他参考となるべき事項 ※本件は令和4年11月30日に「風流踊」の一つとしてユネスコ無形文化遺産代表一覧表に記載されている。
指定証書番号 1
指定年月日 1980.01.28(昭和55.01.28)
追加年月日
指定基準1
指定基準2
指定基準3
所在都道府県 岩手県
所在地
保護団体名 永井大念仏剣舞保存会
永井の大念仏剣舞
写真一覧
解説文:
 東北地方の岩手・宮城県には、けんばい(剣舞)と呼ばれる踊りが伝えられ、その芸態によって、鬼剣舞・雛子【ひなこ】剣舞・念仏剣舞・大念仏などと呼ばれている。都南村永井に伝承されるものは、供養念仏の一種である大念仏剣舞である。
 踊は、歩き太鼓で練り込み、門口で庭讃【ぼ】めの回向【えこう】をしたあと、庭まきで順まわりの輪になり、入羽【いりは】・中羽【なかは】・引羽【ひきは】と称してそれぞれ各曲を踊り、次いで笠振り・廻り胴・礼踊の芸能次第で進行する。
 大念仏剣舞は、円形の大きな台の中央に塔をつけた大笠を振るのが特色であり、また、入羽と中羽の頭には必ず「南無阿弥陀仏」の名号【みようごう】を歌にして唱える。念仏の風流芸としての特色を濃厚に持ち、念仏唄としてもすぐれたものを持っていて、芸能史の資料としての価値が高い。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし