登録有形民俗文化財
 主情報
名称 高野山奉納小型木製五輪塔及び関連資料
ふりがな こうやさんほうのうこがたもくせいごりんとうおよびかんれんしりょう
04高野山奉納小型木製五輪塔及び関連資料_五…
写真一覧▶ 解説表示▶
員数 12,312点
種別 信仰に用いられるもの
その他参考となるべき事項 内訳:木製五輪塔12,156点、関連資料156点
登録番号 49
登録年月日 2021.03.11(令和3.03.11)
追加年月日
登録基準1 二 有形の民俗文化財の収集であって、その目的、内容等が歴史的変遷、時代的特色、地域的特色、技術的特色、生活様式の特色又は職能の様相を示すもの
登録基準2
登録基準3
所在都道府県 和歌山県
所在地
保管施設の名称
所有者名
管理団体・管理責任者名
04高野山奉納小型木製五輪塔及び関連資料_五…
写真一覧
解説文:
本件は、平成31年4月に,高野山真別所圓通寺本堂の須弥壇下から発見された木製の五輪塔群である。五輪塔は木箱15点に収納されており、木箱の墨書などから江戸時代後期の製作と推定される。
五輪塔は仏教教理に基づく供養塔で、仏教的宇宙を構成するものとされる。奉納された五輪塔は、10センチメートルほどの大きさで、塔の底部には、奉納者の名や地域のほか、奉納の目的なども記されている。また、塔の内部に、経文のほか納入品が籠められているものもある。
関連資料は、五輪塔とともに納められていた神札や護符、祈祷札などで、五輪塔が奉納された当時の信仰的な背景を伺うことができる。
関連情報
    (情報の有無)
  なし
  添付ファイル なし