記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 池田の柴祭り
ふりがな いけだのしばまつり
〇シシ狩り(1月3日)
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 年中行事
その他参考となるべき事項 公開期日:毎年12月30日~1月20日(選択当時:お出かけの際は該当の市町村教育委員会にお問い合わせください)
選択番号 629
選択年月日 2020.03.16(令和2.03.16)
追加年月日
選択基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 鹿児島県
所在地
保護団体名 池田の柴祭り保存会
〇シシ狩り(1月3日)
写真一覧
解説文:
池田の柴祭りは、地区の旗山神社を中心に伝承される年初の行事である。暮れに柴ンカン(柴の神)といって、山から神と見立てた多数の榊の枝葉を迎え、いったん伏せておき、正月2日以降、神面や金幣束、鉾などを携えて、いくつもの所定の斎場を巡りつつ、柴を立てては言祝いでゆく。この途次では、櫛初めや剃り初め、唄い初め、針起こし、ナンコはじめ、あるいは田起こしや種播き・田植え・鳥追い、そして鍬はじめ、狩はじめ等々、さまざまな予祝儀礼が随所で繰り広げられる。
諸儀礼のなかでも、正月2日の「田打ち」と3日の「シシ狩り」は注目される。前者は稲作の所作をするもので、牛役の者たちが鍬形の枝(桜の枝)で耕しはじめると、頃合いを見計らって突然、起こした土を見物人に投げつけだす。すると、あたりは騒然となる。また、後者は狩りの模倣を行う祭事で、犬役が吠えるなか、神職らが手製の弓を持ち「おった、おった」などといいながら、藁で拵えた猪に向かって矢を放ち、射止めていく。終わると、シシの毛を焼くといって猪と弓矢は燃やされる。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし