記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 用瀬の流しびな
ふりがな もちがせのながしびな
06用瀬の流しびな_桟俵と雛人形
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 年中行事
その他参考となるべき事項 公開期日:毎年旧暦3月3日(※選択当時:お出かけの際は該当の市町村教育委員会にお問い合わせください)
選択番号
選択年月日 2021.03.11(令和3.03.11)
追加年月日
選択基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 鳥取県
所在地 鳥取県鳥取市用瀬町
保護団体名 用瀬民俗保存会
06用瀬の流しびな_桟俵と雛人形
写真一覧
地図表示
解説文:
 本件は、鳥取県鳥取市用瀬町に伝承される女児の三月節供の行事で、晴着で着飾った女児たちが雛人形に災厄を託して川に流し、無病息災や無事な成長を祈願する。
 かつては、旧暦3月3日の夕方頃から家ごとに行われていたが、現在は、同日の午後、地区を流れる千代川の水辺で時間を定めて行っている。雛人形は、男女一対の小さな紙雛で、藁製の丸い桟俵の上にのせ、桃の小枝や季節の花、菓子などを添えて、川の緩やかな瀬を選んで下流へと送る。また、この日には、「ひな荒らし」と称して、近所の子供たちを自宅に呼んで雛祭りの御馳走を振舞う習わしもあり、各家では、新旧の雛人形を座敷や玄関口などに飾り、一般に披露する。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし