構成資産
 構成資産
件名名称 補陀洛山寺
件名ふりがな ふだらくさんじ

解説表示▶
所在都道府県 和歌山県
所在地 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町浜の宮


解説文:
 那智大滝を下ること約6㎞、二本の参詣道が合流する海岸近くに位置し、青岸渡寺と同様に開基伝承を持つ寺院で、小舟に乗って南方洋上の観音浄土・補陀洛山を目指す僧侶により、9世紀から18世紀までの間に二十数回の「補陀洛渡海」が試みられた場所である。熊野那智大社の主祭神の本地仏である千手観音を本尊とし、また、古来熊野三所権現を祀る「浜の宮」と隣接するもので、神仏習合の信仰形態を示している。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし