登録有形文化財(建造物)
 主情報
名称 真宗本廟東本願寺阿弥陀堂門
ふりがな しんしゅうほんびょうひがしほんがんじあみだどうもん


真宗本廟東本願寺阿弥陀堂門
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別1 宗教
種別2 その他工作
時代 明治
年代 明治44
西暦 1911
構造及び形式等 木造四脚門、檜皮葺、建築面積31㎡
その他参考となるべき事項
登録番号 26 - 0104
登録回 33
登録告示年月日 2002.07.16(平成14.07.16)
登録年月日 2002.06.25(平成14.06.25)
追加年月日
登録基準1 造形の規範となっているもの
登録基準2
所在都道府県 京都府
所在地 京都府京都市下京区烏丸通七条上る二丁目常葉町754
保管施設の名称
所有者名 宗教法人真宗大谷派
所有者種別
管理団体・管理責任者名


真宗本廟東本願寺阿弥陀堂門
写真一覧
地図表示
解説文:
御影堂門と同じく宗祖650年遠忌に際して建設。四脚門形式,切妻造,檜皮葺で,前後に唐破風を付ける。四脚門としては最大級の規模であるとともに頭貫木鼻や欄間に精緻な彫刻を用いて飾る。御影堂門南に並んで建ち,壮大な伽藍の正面構成上欠かせない建物。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし