登録有形文化財(建造物)
 主情報
名称 正覚寺本堂
ふりがな しょうがくじほんどう


正覚寺本堂
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別1 宗教
種別2 建築物
時代 昭和前
年代 昭和5
西暦 1930
構造及び形式等 木造平屋建、瓦葺、建築面積34㎡
その他参考となるべき事項
登録番号 39 - 0073
登録回 35
登録告示年月日 2003.02.26(平成15.02.26)
登録年月日 2003.01.31(平成15.01.31)
追加年月日
登録基準1 国土の歴史的景観に寄与しているもの
登録基準2
所在都道府県 高知県
所在地 高知県安芸郡奈半利町乙1718-1
保管施設の名称
所有者名 正覚寺
所有者種別
管理団体・管理責任者名


正覚寺本堂
写真一覧
地図表示
解説文:
国道から南に入った境内地の西辺近くに東面して建つ。桁行4間梁間4間規模,向拝付きの宝形造本堂で右瓦が使用されている。奥に新本堂が増築された以降も外陣的な役割を果たしており,四国三十三観音霊場第九番札所として親しまれている。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし