登録有形文化財(建造物)
 主情報
名称 旧豊川電話装荷線輪用櫓
ふりがな きゅうとよかわでんわそうかせんりんようやぐら


旧豊川電話装荷線輪用櫓
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1基
種別1 生活関連
種別2 その他工作
時代 昭和前
年代 昭和初期
西暦 1926-1988
構造及び形式等 鉄筋コンクリート造、面積10㎡
その他参考となるべき事項
登録番号 23 - 0261
登録回 57
登録告示年月日 2007.12.19(平成19.12.19)
登録年月日 2007.12.05(平成19.12.05)
追加年月日
登録基準1 造形の規範となっているもの
登録基準2
所在都道府県 愛知県
所在地 愛知県豊川市野口町開津11
保管施設の名称
所有者名
所有者種別
管理団体・管理責任者名


旧豊川電話装荷線輪用櫓
写真一覧
地図表示
解説文:
旧豊川電話中継所の約4km西方に建つ。面積10㎡、高さ6m、鉄筋コンクリート造の櫓。当時の逓信省の標準設計になり、上部に装荷線輪を設置していた。わが国最初の長距離市外電話用ケーブル施設の希少な現存例である。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし