登録有形文化財(建造物)
 主情報
名称 真宗大谷派四日市別院土塀及び石垣
ふりがな しんしゅうおおたにはよっかいちべついんどべいおよびいしがき
真宗大谷派四日市別院土塀及び石垣
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別1 宗教
種別2 その他工作
時代 江戸
年代 江戸末期
西暦 1830-1867
構造及び形式等 塀 土塀、瓦葺、延長17m、石垣 石造、延長15m
その他参考となるべき事項
登録番号 44-0169
登録回 64
登録告示年月日 2009.08.25(平成21.08.25)
登録年月日 2009.08.07(平成21.08.07)
追加年月日
登録基準1 国土の歴史的景観に寄与しているもの
登録基準2
所在都道府県 大分県
所在地 大分県宇佐市大字四日市字寺町1425-1
保管施設の名称
所有者名 宗教法人真宗大谷派四日市別院
所有者種別
管理団体・管理責任者名
真宗大谷派四日市別院土塀及び石垣
写真一覧
地図表示
解説文:
境内北辺にあり、太鼓楼の北側に位置する。石垣は県内産の安山岩を割石乱積とする。石垣上に布石を置き、土塀を築く。高さ1.3m厚さ0.54mの練塀で、折曲り延長17m。白漆喰仕上げとし、桟瓦を葺く。太鼓楼とともに真宗寺院らしい佇まいをみせる。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし