国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 吉香神社
ふりがな きっこうじんじゃ
棟名 鳥居
棟名ふりがな とりい


吉香神社 鳥居
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1基
種別 近世以前/神社
時代 江戸中期
年代 享保13
西暦 1728
構造及び形式等 石造明神鳥居
 柱に享保13年戊申歳秋8月吉祥日の刻銘がある
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02460
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2004.12.10(平成16.12.10)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (一)意匠的に優秀なもの
重文指定基準2 (五)流派的又は地方的特色において顕著なもの
所在都道府県 山口県
所在地 山口県岩国市横山
保管施設の名称
所有者名 吉香神社
所有者種別
管理団体・管理責任者名


吉香神社 鳥居
写真一覧
地図表示
解説文:
吉香神社は,岩国城址の南麓にあり,岩国藩主吉川氏歴代の神霊を祀る。
 享保13年(1728)の建築で,現在地へは明治18年に曳家されたが,軸部から小屋組まで当初形式をよく保持している。
 本殿は,三間社流造,千鳥破風,軒唐破風付,檜皮葺である。拝殿は,身舎が
桁行三間,梁間三間,妻入で,両側面に庇を設け,背面に幣殿を接続する。
 吉香神社の建築群は,いずれも充実した細部を備えた丁寧なつくりになる。とくに,本殿と拝殿及び幣殿は独特な形式で,複雑な架構と屋根構成を巧みに纏めており,独自性が認められる。
 全国的にも数少ない神霊を祀る神社建築で,岩国藩大工の高い技量が窺え,地方における江戸中期の優品として,高い価値がある。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし