国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 八ツ沢発電所施設
ふりがな やつさわはつでんしょしせつ
棟名 第四号水路橋
棟名ふりがな だいよんごうすいろきょう


八ッ沢発電所施設 第四号水路橋
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1基
種別 近代/産業・交通・土木
時代 明治
年代 明治45
西暦 1912
構造及び形式等 煉瓦造及びコンクリート造単アーチ橋、橋長25.5m、石造擁壁附属
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02475
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2005.12.27(平成17.12.27)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (二)技術的に優秀なもの
重文指定基準2
所在都道府県 山梨県
所在地 山梨県大月市駒橋、猿橋町、富浜町及び梁川町、上野原市大野、コモアしおつ、四方津、八ツ沢及び松留
保管施設の名称
所有者名 東京電力株式会社
所有者種別
管理団体・管理責任者名


八ッ沢発電所施設 第四号水路橋
写真一覧
地図表示
解説文:
八ツ沢発電所施設は,桂川にほぼ平行して東西に延びる水路式発電所施設である。
 東京電燈株式会社が第二水力電気事業の一環として建設したもので,明治43年に着工,大正3年の大野調整池の完成をもって全体が竣工した。<br/> 建造物は,取水口施設,第一号から第一八号の隧道,第一号開渠,第一号から第四号の水路橋,大野調整池施設,水槽余水路などで,約14kmの範囲に現存する。<br/> 取水口の沈砂池や隧道は,土砂流入防止等を意図して長大な規模で築かれる。第一号水路橋は大支間を実現した初期鉄筋コンクリート造橋梁であり,大野調整池堰堤は大正期を代表する大規模土堰堤の一つである。<br/> 八ツ沢発電所施設は,大規模調整池を有するわが国最初期の本格的水力発電所施設であるばかりでなく,類型の異なる複数の構造物に高度な建設技術が発揮されており,土木技術史上,高い価値がある。<br/> わが国の重要文化財のなかで、最大規模となる。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし