国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 旧片山家住宅(岡山県高梁市成羽町)
ふりがな かたやまけじゅうたく
棟名 米蔵
棟名ふりがな こめぐら


旧片山家住宅(岡山県高梁市成羽町) 米蔵、…
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/民家
時代 江戸末期
年代 江戸末期
西暦 1830-1867
構造及び形式等 土蔵造、桁行6.0m、梁間9.0m、二階建、切妻造、西面及び北面庇付、桟瓦葺、北面東端門塀付
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02497
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2006.12.19(平成18.12.19)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (五)流派的又は地方的特色において顕著なもの
重文指定基準2
所在都道府県 岡山県
所在地 岡山県高梁市成羽町吹屋367番地
保管施設の名称
所有者名 高梁市
所有者種別
管理団体・管理責任者名


旧片山家住宅(岡山県高梁市成羽町) 米蔵、…
写真一覧
地図表示
解説文:
 片山家は,江戸時代後期から鉱山町吹屋において,弁柄の製造及び販売を手掛け,当地を代表する商家となり,庄屋を務めた家柄である。
 平面は,通りに面して主屋と宝蔵が並び建ち,主屋後方に米蔵などを連ねている。主屋は切妻造の平入で,正面外壁を海鼠壁とし,開口部に出格子を設けている。主屋主体部は18世紀末期に建てられ,文政13年(1830)までの増築を経て現在の屋敷構成となっている。
 旧片山家住宅は,主屋及び附属建物による屋敷構成を良く保持し,江戸時代後期の商家として高い価値がある。また,弁柄の製造及び販売により繁栄した高梁市吹屋
重要伝統的建造物群保存地区における中核施設として,重要である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし