国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 旧松本高等学校
ふりがな まつもとこうとうがっこう
棟名 講堂
棟名ふりがな こうどう


旧松本高等学校 講堂
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近代/学校
時代 大正
年代 大正11
西暦 1922
構造及び形式等 木造、建築面積637.29平方メートル、一部二階建、銅板葺、西南部玄関・南面東昇降口附属
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02503
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2007.06.18(平成19.06.18)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (三)歴史的価値の高いもの
重文指定基準2 (五)流派的又は地方的特色において顕著なもの
所在都道府県 長野県
所在地 長野県松本市県三丁目1番1号
保管施設の名称
所有者名 松本市
所有者種別
管理団体・管理責任者名


旧松本高等学校 講堂
写真一覧
地図表示
解説文:
 旧制松本高等学校は,大正中期の高等教育機関拡張期に開校した文部省直轄学校のひとつで,設計を文部省大臣官房建築課が担当し,本館は大正9年8月,講堂は同11年8月に竣工した。
 本館は,コの字形の平面をもつ木造二階建校舎で,北西の隅切部(すみきりぶ)に玄関などを設ける。外観は,下見板張に窓廻りの化粧材を連続させて現し,玄関二階の三連窓上部には駒形破風(こまがたはふ)を載(の)せて装飾する。講堂は,木造平屋一部二階建で,本館同様の外観とするが,玄関ポーチなど,内外の装飾細部の意匠密度を高めている。
 旧松本高等学校本館及び講堂は,大正期における高等教育機関拡張期に最初に設立された高等学校のひとつであり,当時の木造学校建築の特徴を典型的に示している。また,本館と講堂の両方が当初位置に残っているという意味でも高い価値がある。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし