国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 旧美歎水源地水道施設
ふりがな みたにすいげんちすいどうしせつ
棟名 三号濾過池
棟名ふりがな さんごうろかち


旧美歎水源地水道施設 濾過池
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1所
種別 近代/産業・交通・土木
時代 大正
年代 大正4
西暦 1915
構造及び形式等 煉瓦造及びコンクリート造、面積663.45平方メートル、制水井附属
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02506
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2007.06.18(平成19.06.18)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (三)歴史的価値の高いもの
重文指定基準2
所在都道府県 鳥取県
所在地 鳥取県鳥取市国府町美歎、上町87番2
保管施設の名称
所有者名 鳥取市
所有者種別
管理団体・管理責任者名


旧美歎水源地水道施設 濾過池
写真一覧
地図表示
解説文:
 旧美歎水源地水道施設は,鳥取市民の飲料水の確保と公衆衛生の向上を主な目的として,鳥取市技師長三田善太郎の計画及び設計に基づき,建設され,大正4年9月より給水を開始した上水道施設である。
 施設は,貯水池堰堤を中心として,上流の美歎川上流量水堰及び通リ谷量水堰,下流の濾過池,接合井及び量水器室により構成される。貯水池堰堤は,重力式コンクリート造堰堤で,濾過池は,一号から五号までを南北に配し,制水井を附属している。
 旧美歎水源地水道施設は,山陰地方で最初に建設された近代水道施設の代表的遺構であり,貯水池のみならず,量水施設や濾過施設なども良好な状態で保存されていることから,近代水道施設の構成を知る上で,高い歴史的価値が認められる。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし