国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 千葉家住宅(岩手県遠野市綾織町)
ふりがな ちばけじゅうたく
棟名 主屋
棟名ふりがな しゅおく


千葉家住宅
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/民家
時代 江戸末期
年代 江戸末期
西暦 1830-1867
構造及び形式等 桁行25.9m、梁間11.7m、寄棟造、茅葺、南面玄関附属、馬屋 桁行14.7m、梁間10.5m、正面入母屋造、茅葺、東面及び西面庇付
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02512
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2007.12.04(平成19.12.04)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (五)流派的又は地方的特色において顕著なもの
重文指定基準2
所在都道府県 岩手県
所在地 岩手県遠野市綾織町上綾織一地割14番地
保管施設の名称
所有者名 遠野市
所有者種別 市区町村
管理団体・管理責任者名


千葉家住宅
写真一覧
地図表示
解説文:
 千葉家は、遠野市西寄りの山麓に小城のような屋敷を構えている。天保年間に主屋が建設され、大正末期頃までに現在のような屋敷構えが整った。主屋は、馬屋を前面に張り出してL形平面とする、いわゆる南部の曲り屋形式の民家で、主屋の座敷では面皮材の棹縁を使用するなど、瀟洒な意匠を見せている。
 千葉家住宅は、南部曲り屋の分布域南縁に位置するとともに、遠野地方に典型的な平面をもち、洗練された座敷意匠を採用するなど、江戸末期の大型曲り屋民家として高い価値がある。また主屋の周囲には、江戸末期から大正期にかけて建設された附属建物が残り、その特異な敷地構成とともに豪農の屋敷構えをよく保っている。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  添付ファイル なし