国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 片倉館
ふりがな かたくらかん
棟名 浴場
棟名ふりがな よくじょう
片倉館 浴場
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近代/文化施設
時代 昭和
年代 昭和3年
西暦 1928
構造及び形式等 鉄筋コンクリート造、建築面積649.70平方メートル、2階建、地下1階、一部3階、切妻造、妻入、正面玄関及び八角塔屋附属、八角換気塔2所付、スレート葺
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02573
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2011.06.20(平成23.06.20)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (一)意匠的に優秀なもの
重文指定基準2 (三)歴史的価値の高いもの
所在都道府県 長野県
所在地 長野県諏訪市湖岸通り四丁目1番9号
保管施設の名称
所有者名
所有者種別
管理団体・管理責任者名
片倉館 浴場
写真一覧
地図表示
解説文:
 片倉館は、諏訪湖周辺を本拠地として製糸業を営んだ片倉家が公共の福利厚生施設として建設した温泉施設で、昭和3年に竣工した。
 森山松之助の設計で、浴場と会館は、急勾配の切妻屋根とタイル張の外壁とし、要所に尖塔をたてるなど変化に富んだ外観になる。
 浴場の内部は、大浴室を中心にステインドグラスや彫像などで華やかに飾り、また会館の内部は150畳敷の大広間(おおひろま)を中心とした伝統的な和風のつくりとする。
 片倉館の建築は、独創的な意匠をもち、内外装飾の密度も高く、近代におけるわが国建築家による洋風意匠の展開を示す建築のひとつとして重要である。また、実業家の手による最初期の公共の福利厚生施設として、高い歴史的価値を有している。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  添付ファイル なし