国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 旧村山家住宅
ふりがな きゅうむらやまけじゅうたく
棟名 茶室棟
棟名ふりがな ちゃしつとう
旧村山家住宅 茶室棟
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近代/住居
時代 明治
年代 明治44年
西暦 1911
構造及び形式等 玄庵(3畳台目茶室)、香雪(4畳半茶室)、玄関及び待合、腰掛、寄付、腰掛待合、砂雪隠、渡廊下よりなる、入母屋造及び切妻造、茅葺、桟瓦葺及び檜皮葺、南面渡廊下附属、桟瓦葺及…
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02575
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2011.06.20(平成23.06.20)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (一)意匠的に優秀なもの
重文指定基準2
所在都道府県 兵庫県
所在地 兵庫県神戸市東灘区御影郡家二丁目12番1号
保管施設の名称
所有者名
所有者種別
管理団体・管理責任者名
旧村山家住宅 茶室棟
写真一覧
地図表示
解説文:
 旧村山家住宅は、朝日新聞社を創業した村山龍平の自邸で、六甲山南麓の広大な敷地に洋館や書院棟などを配置している。
 洋館は明治41年の上棟で、外観をハーフ・ティンバー式とし、内部は様々な洋風意匠を融和させて華やかに飾る。書院棟は大正7年上棟の大型和風建築で、三階を望楼とするなど複雑な立面構成をもち、内部には広大かつ優美な意匠の大広間を備える。また茶室棟は明治44年上棟の茶室玄庵を中心とした瀟洒な建築である。
 旧村山家住宅は、阪神間に展開した邸宅群の先駆をなした大規模住宅で、優れた意匠をもつ洋館と、書院棟、茶室棟などの和風建築が一体的かつ極めて良好に保存されており、高い価値が認められる。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし