国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 旧開拓使工業局庁舎
ふりがな きゅうかいたくしこうぎょうきょくちょうしゃ
棟名
棟名ふりがな


旧開拓使工業局庁舎 外観
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近代/官公庁舎
時代 明治
年代 明治10年
西暦 1877
構造及び形式等 木造、建築面積178.48?、二階建、寄棟造、こけら葺、玄関ポーチ付
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02594
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2013.08.07(平成25.08.07)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (三)歴史的価値の高いもの
重文指定基準2
所在都道府県 北海道
所在地 北海道札幌市厚別区厚別町小野幌
保管施設の名称
所有者名 北海道
所有者種別 都道府県
管理団体・管理責任者名


旧開拓使工業局庁舎 外観
写真一覧
地図表示
解説文:
旧開拓使工業局庁舎は、明治初期の北海道開拓を主導した開拓使工業局の庁舎として、明治10年に札幌市街中心部に建設され、昭和54年に北海道開拓の村に創建時の姿で移築された。工業局営繕課は、米国から輸入した建築雛形書を参照しながら、洋風建築を習得していった。この建物では通り抜けの玄関ホール兼階段室をもつ平面構成や、屋根の棟飾り、ポーチの破風飾り、軒下の持送りなどに、米国建築書を参照したことが確認される。旧開拓使工業局庁舎は、明治初期の北海道開拓を支えた同局工作場の現存唯一の遺構であるとともに、工業局営繕課の設計業務の実態を示す建物として歴史的に高い価値が認められる。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし