国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 円教寺奥之院
ふりがな えんぎょうじおくのいん
棟名 護法堂拝殿
棟名ふりがな ごほうどうはいでん


円教寺奥之院護法堂拝殿外観
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/寺院
時代 桃山
年代 天正17
西暦 1588
構造及び形式等 桁行七間、梁間二間、一重、切妻造、本瓦葺
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 01350
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2014.01.27(平成26.01.27)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (一)意匠的に優秀なもの
重文指定基準2
所在都道府県 兵庫県
所在地 兵庫県姫路市書写
保管施設の名称
所有者名 円教寺
所有者種別 寺院
管理団体・管理責任者名


円教寺奥之院護法堂拝殿外観
写真一覧
地図表示
解説文:
円教寺は姫路市街北西の書写山の山上にある天台宗寺院で、奥之院は開山性空の廟所である。現在の開山堂は寛文13年(1673)の建立で、永禄2年(1559)建立の重要文化財円教寺護法堂(乙天社及び若天社)や、天正17年(1589)建立の護法堂拝殿とともに奥之院を構成する。開山堂は桁行五間、梁間六間の宝形造で、礼堂風の外陣、中央を敷瓦の土間とした内陣を持ち、外廻りの和様組物間の菱支輪や、禅宗様の須弥壇廻りと宮殿、外陣の海老虹梁など、近世らしい意匠がみられる。護法堂拝殿は護法堂の正面に建つ桁行七間の懸造である。円教寺奥之院の建造物は、開山堂を中心として、まとまりのある開山廟所の空間を形成しており、既指定の護法堂とともに保存を図る。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  添付ファイル なし