国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 旧醸造試験所第一工場
ふりがな きゅうじょうぞうしけんじょだいいちこうじょう
棟名
棟名ふりがな
旧醸造試験所第一工場 全景
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近代/産業・交通・土木
時代 明治
年代 明治37
西暦 1905
構造及び形式等 煉瓦造、建築面積923.30㎡、仕込部、階段部、製麹部、機械部よりなる
仕込部 二階建、鉄板葺
階段部 三階建、地下一階、一部平屋建鉄板葺
製麹部 平屋建
機械部 平屋建、鉄…
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02618
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2014.12.10(平成26.12.10)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (二)技術的に優秀なもの
重文指定基準2 (三)歴史的価値の高いもの
所在都道府県 東京都
所在地 東京都北区滝野川二丁目六番
保管施設の名称
所有者名 国(文部科学省)
所有者種別
管理団体・管理責任者名 公益財団法人日本醸造協会
旧醸造試験所第一工場 全景
写真一覧
地図表示
解説文:
醸造試験所は,日本酒の研究を行って醸造技術と品質の向上を図るため,明治政府が設立した研究施設である。第一工場は中核施設の大規模な煉瓦造建造物で,明治37年に竣工した。設計は大蔵技師の妻木頼黄である。
断熱のため厚い壁体に空気層を設けた中空壁とし,天井はヴォールト天井,二階床は鉄骨梁に煉瓦ヴォールトを架けるなど,高い建築技術が用いられている。
旧醸造試験所第一工場は,妻木頼黄がドイツのビール醸造施設を応用して設計した煉瓦造工場建築である。当時最新鋭の設備を備えた日本酒醸造施設として,また大規模な複合煉瓦造建築物としても技術的に高い価値がある。醸造に関する唯一の国立研究機関の施設として,日本酒造りの近代化と酒類産業の発展に貢献しており,歴史的価値が高い。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし