国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 長浜大橋
ふりがな ながはまおおはし
棟名
棟名ふりがな


長浜大橋 可動部
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1基
種別 近代/産業・交通・土木
時代 昭和
年代 昭和10
西暦 1935
構造及び形式等 鋼製跳開橋、橋長232.3m、幅員6.6m、鋼製高欄付、親柱、袖高欄及び袖柱附属
鋼製鈑桁二基(鋼製塔柱及び平衡桁を含む)、鋼製ワーレントラス五基、鉄筋コンクリート造橋脚六基、鉄筋…
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02623
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2014.12.10(平成26.12.10)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (二)技術的に優秀なもの
重文指定基準2 (三)歴史的価値の高いもの
所在都道府県 愛媛県
所在地 愛媛県大洲市長浜町沖浦、長浜
保管施設の名称
所有者名 愛媛県,大洲市
所有者種別 都道府県
管理団体・管理責任者名


長浜大橋 可動部
写真一覧
地図表示
解説文:
長浜大橋は,愛媛県西部の肱川の河口部に架かる河川交通に配慮した道路可動橋である。愛媛県を事業主体として,増田淳事務所の設計により,昭和10年に竣工した。長さ232メートルの鋼橋で,中央右岸寄りの可動部と左右の五連の鋼製ポニーワーレントラス桁からなる。可動部は,桁が片側に90度回転する形式である。
長浜大橋は,現存最古の道路可動橋で,かつ建設当初から開閉機能を保持し続けている。米国で習得した設計技術を駆使して可動橋を数多く手掛けた増田淳が設計し,先端的な工法を用いて架設された大規模な単葉式跳開橋であり,橋梁技術史上,価値が高い。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  添付ファイル なし