国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 旧増田家住宅
ふりがな きゅうますだけじゅうたく
棟名 石蔵
棟名ふりがな いしぐら


旧増田家住宅 石蔵 外観
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近代/住居
時代 大正
年代 大正7
西暦 1918
構造及び形式等 桁行6.0m、梁間3.9m、二階建、切妻造、桟瓦葺、西面及び東面下屋庇附属
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02624
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2014.12.10(平成26.12.10)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (五)流派的又は地方的特色において顕著なもの
重文指定基準2
所在都道府県 鹿児島県
所在地 鹿児島県薩摩川内市入来町浦之名七七番
保管施設の名称
所有者名 薩摩川内市
所有者種別 市区町村
管理団体・管理責任者名


旧増田家住宅 石蔵 外観
写真一覧
地図表示
解説文:
旧増田家住宅は,鹿児島県北西部に位置する旧武家町,入来麓伝統的建造物群保存地区に所在する。屋敷は,明治6年頃に建てられたおもてとなかえ,大正7年の石蔵,大正期につくられた浴室便所で構成されている。
主屋は,トコのあるザシキのあるおもてと,土間とダイドコロのあるなかえを連結した伝統的な分棟型形式である。おもてとなかえは大きさや位置をほぼ揃えており,この点が近世の武家住宅にみられるかたちと異なっている。
旧増田家住宅は,近世の武家住宅の形式を継承しながらも,平面構成や規模の変化が近代への移行を示唆している点で価値が高い。大正期までに整えられた屋敷構えも含め,入来麓伝統的建造物群保存地区を代表する近代住居として深い意義がある。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし