国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 浅草寺伝法院
ふりがな せんそうじでんぼういん
棟名 客殿
棟名ふりがな きゃくでん


浅草寺伝法院 全景
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/寺院
時代 江戸後期
年代 安永5
西暦 1776
構造及び形式等 桁行22.0m、梁間15.3m、一重、寄棟造、西面葺きおろし下屋、北面物置、廊下及び庇附属、鉄板葺
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 2627
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2015.07.08(平成27.07.08)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (一)意匠的に優秀なもの
重文指定基準2 (三)歴史的価値の高いもの
所在都道府県 東京都
所在地 東京都台東区浅草二丁目四九番地
保管施設の名称
所有者名 浅草寺
所有者種別 寺院
管理団体・管理責任者名


浅草寺伝法院 全景
写真一覧
地図表示
解説文:
浅草寺は古来より観音霊場として多くの信仰を集めた寺院である。伝法院はその本坊にあたり,中心伽藍の南西に位置している。客殿は安永5年(1776),玄関は翌6年の建築である。客殿は大規模な方丈形式の本堂で,仏壇を広く構える内陣三室を並べた平面構成に特徴があり,南には豪壮な玄関を設けている。書院群や台所は,明治後期から大正期に復興された建造物である。大書院は,室内の華麗な装飾,庭園の眺望に配慮した柱配置などに近代的な技巧を凝らしている。浅草寺伝法院の客殿と玄関は規模雄大で,江戸府内で近世に遡る希少な大寺院本坊の中心的な建築として,高い歴史的価値を有している。近代に整えられた書院群と台所も優れた意匠と形式になり,庭園と融合した後方空間を構成する建築群として重要である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  添付ファイル なし