国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 大崎八幡宮長床
ふりがな おおさきはちまんぐうながとこ
棟名
棟名ふりがな


大崎八幡宮長床
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/神社
時代 江戸中期
年代 寛文頃
西暦 1661-1672頃
構造及び形式等 桁行九間、梁間三間、一重、入母屋造、正背面中央軒唐破風付、こけら葺
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 01615
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1966.06.11(昭和41.06.11)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1
重文指定基準2
所在都道府県 宮城県
所在地 宮城県仙台市青葉区八幡四丁目
保管施設の名称
所有者名 大崎八幡宮
所有者種別
管理団体・管理責任者名


大崎八幡宮長床
写真一覧
地図表示
解説文:
大崎八幡神社には伊達政宗が建てた社殿(国宝)があるが、長床はその前にある。 元来長床は修験道等における拝殿をさすが、この建物は中央が通路になっている「割拝殿」の形式をもっている。建てられたのは社殿よりもおくれて寛文年間(一六六〇年代)とみられるが、社殿の一環をなす重要な建物である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし