国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 瑞巖寺庫裏及び廊下
ふりがな ずいがんじくりおよびろうか
棟名 庫裏
棟名ふりがな くり


瑞巌寺庫裏
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/寺院
時代 桃山
年代 慶長14頃
西暦 1609頃
構造及び形式等 桁行23.6m、梁間13.8m、一重、切妻造、妻入、本瓦葺、
玄関及び北面庇二ヶ所を含む
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 00197
国宝・重文区分 国宝
重文指定年月日 1903.04.15(明治36.04.15)
国宝指定年月日 1959.06.27(昭和34.06.27)
追加年月日
重文指定基準1
重文指定基準2
所在都道府県 宮城県
所在地 宮城県宮城郡松島町松島
保管施設の名称
所有者名 瑞巖寺
所有者種別
管理団体・管理責任者名


瑞巌寺庫裏
写真一覧
地図表示
解説文:
 瑞巌寺は慈覚大師円仁の創立と伝える古刹で、鎌倉時代に禅宗となり、伊達政宗は慶長14年(1609)に本堂(元方丈)などを再建した。
 庫裏は寺務所や台所などの機能をもつ施設である。禅宗寺院の通例と同じく、この庫裏は切妻造・妻入で煙出のある大屋根を架けた形式で、正面妻に桃山風の唐草装飾をつけ,内部の梁組も豪快である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし