国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 教王護国寺五重塔
ふりがな きょうおうごこくじごじゅうのとう
棟名
棟名ふりがな

地図表示▶ 解説表示▶
員数 1基
種別 近世以前/寺院
時代 江戸前期
年代 寛永20
西暦 1643
構造及び形式等 三間五重塔婆、本瓦葺
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 00086
国宝・重文区分 国宝
重文指定年月日 1897.12.28(明治30.12.28)
国宝指定年月日 1952.11.22(昭和27.11.22)
追加年月日
重文指定基準1
重文指定基準2
所在都道府県 京都府
所在地 京都府京都市南区九条町
保管施設の名称
所有者名 教王護国寺
所有者種別
管理団体・管理責任者名


地図表示
解説文:
幕府によって再建された五重塔で、初重内部では心柱の四方に金剛界四仏を安置する。総高五四・八mは現存する木造塔として国内最高を誇り、かつ均整のとれた姿で、古都京都のシンボルである。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし