国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 教王護国寺大師堂(西院御影堂)
ふりがな きょうおうごこくじだいしどう(さいいんみえいどう)
棟名
棟名ふりがな
地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/寺院
時代 室町前期
年代 康暦2
西暦 1380
構造及び形式等 後堂、前堂及び中門より成る
後堂 桁行七間、梁間四間、一重、入母屋造、北面西側端二間庇、
すがる破風造、東面向拝一間
前堂 桁行四間、梁間五間、一重、北面入母屋造、南…
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 00190
国宝・重文区分 国宝
重文指定年月日 1898.12.28(明治31.12.28)
国宝指定年月日 1958.02.08(昭和33.02.08)
追加年月日
重文指定基準1
重文指定基準2
所在都道府県 京都府
所在地 京都府京都市南区九条町
保管施設の名称
所有者名 教王護国寺
所有者種別
管理団体・管理責任者名

地図表示
解説文:
西院は教王護国寺(東寺)の西北一廓を占ある別院であって大師堂は西院の中心建築である
 弘法大師の住房を佛堂としたもので、現在の建築は康暦二年(一三八〇)の再建であり、更に明德元年(一三九〇)には北に前堂が附加されたが、なおよく住房の形式を伝えている。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  添付ファイル なし