国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 白山神社能舞台
ふりがな はくさんじんじゃのうぶたい
棟名
棟名ふりがな


白山神社能舞台
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/その他
時代 江戸末期
年代 嘉永6
西暦 1853
構造及び形式等 舞台及び楽屋、橋掛、鏡の間よりなる
舞台及び楽屋 桁行14.9m、梁間5.9m、一重、入母屋造、妻入、茅葺、
       南面、東面及び北面下屋附属、板葺
橋掛 桁行9.8m、梁間5.0…
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02424
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2003.05.30(平成15.05.30)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (三)歴史的価値の高いもの
重文指定基準2 (五)流派的又は地方的特色において顕著なもの
所在都道府県 岩手県
所在地 岩手県西磐井郡平泉町平泉
保管施設の名称
所有者名 白山神社
所有者種別
管理団体・管理責任者名


白山神社能舞台
写真一覧
地図表示
解説文:
 白山神社は中尊寺鎮守のひとつで,境内の北方にある。白山神社の神事能は,中尊寺一山の僧侶が伝習して行われた。現存する白山神社能舞台は,嘉永2年(1849)の焼失後,同6年(1853)に竣工したものである。
 舞台及び楽屋は東西に長い入母屋造,茅葺で,西半を舞台,東半を楽屋とする。この北面につく橋掛は両下造,鉄板葺の建物で,北東に延び,社殿側にある鏡の間に接続する。鏡の間は,西面は入母屋造,東面は寄棟造の茅葺である。
 白山神社能舞台は,正統的かつ本格的な規模と形式の舞台をはじめ,橋掛,鏡の間,楽屋からなり,完備した構成の近世能舞台遺構としては東日本で唯一といえ,高い価値がある。
 また,古刹中尊寺において連綿と続く芸能の場としても,貴重な遺構である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし