国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 観音寺観音堂
ふりがな かんのんじかんのんどう
棟名
棟名ふりがな


観音寺観音堂
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/寺院
時代 室町後期
年代 室町後期
西暦 1467-1572
構造及び形式等 桁行三間、梁間三間、一重、宝形造、茅葺
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 01197
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1953.03.31(昭和28.03.31)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1
重文指定基準2
所在都道府県 山形県
所在地 山形県西置賜郡白鷹町大字深山
保管施設の名称
所有者名 観音寺
所有者種別
管理団体・管理責任者名


観音寺観音堂
写真一覧
地図表示
解説文:
観音堂は方三間の阿弥陀堂式建築で、円柱、舟肘木、疎垂木などに平安末期を思わせる特徴を持つが、、禅宗様に属する虹梁やせいの高い飛貫、足固貫などから室町時代後期の建築と推定される。外観の古様と内部の新様が混在した中世地方仏堂の例として意義が深い。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  添付ファイル なし