国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 法隆寺五重塔
ふりがな ほうりゅうじごじゅうのとう
棟名
棟名ふりがな
地図表示▶ 解説表示▶
員数 1基
種別 近世以前/寺院
時代 飛鳥
年代 飛鳥
西暦 593-709
構造及び形式等 三間五重塔婆、初重もこし付、本瓦葺、もこし板葺
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 00022
国宝・重文区分 国宝
重文指定年月日 1897.12.28(明治30.12.28)
国宝指定年月日 1951.06.09(昭和26.06.09)
追加年月日
重文指定基準1
重文指定基準2
所在都道府県 奈良県
所在地 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内
保管施設の名称
所有者名 法隆寺
所有者種別
管理団体・管理責任者名

地図表示
解説文:
 五重塔は安定した美しい外観をもつ最古の木造塔で、金堂にひきつづいて七世紀末に建立されたものと思われる。
 二重基壇上に建ち、組物は金堂同様の雲斗雲肘木、軒も金堂同様の一軒角垂木で、独特の様式をもつ。心柱は地中に心礎を据えて掘立柱とし、初重の四天柱をつつみこんで塑像の須弥山を構え、天井板には蓮花文を画く。二重以上は柱盤の上に短い丸柱を立て、順次積上げ、五重は柱間を二間とする。
 金堂などとともに飛鳥様式を色濃く伝えるものと考えられ、洗練された意匠になる名塔である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし