国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 法隆寺食堂及び細殿
ふりがな ほうりゅうじじきどうおよびほそどの
棟名 食堂
棟名ふりがな じきどう
地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/寺院
時代 奈良
年代 奈良
西暦 710-793
構造及び形式等 桁行七間、梁間四間、一重、切妻造、本瓦葺
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 00104
国宝・重文区分 国宝
重文指定年月日 1901.03.27(明治34.03.27)
国宝指定年月日 1952.11.22(昭和27.11.22)
追加年月日
重文指定基準1
重文指定基準2
所在都道府県 奈良県
所在地 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内
保管施設の名称
所有者名 法隆寺
所有者種別
管理団体・管理責任者名

地図表示
解説文:
 食堂は、法会が行われるさい、その儀式の一部として多数の僧侶が会食する場である。現食堂は『資財帳』中の政屋の一棟を平安時代の初めごろ改造転用したものとみられる。
 幾時期かの部材がまじってはいるが、その骨格は当初のままとみてよく、肘木の曲線、円形断面の桁・棟木、二重虹梁などに天平様式の特色がよくあらわれている。
 途中で使用目的が変更された建物ではあるが、細殿とともに今はあまりみることのできない双堂の伝統を伝えるものとして、はなはだ貴重な遺構である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし