国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 焼火神社本殿・通殿・拝殿
ふりがな たくひじんじゃほんでん・つうでん・はいでん
棟名
棟名ふりがな
焼火神社
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/神社
時代 江戸中期
年代 享保17(本殿)、明治35(通殿)、寛文13(拝殿)
西暦 1732(本殿)、1902(通殿)、1673(拝殿)
構造及び形式等 本殿 一間社流造、正面軒唐破風付、正面通殿間庇、片流れ、
   東側面唐破風造、銅板葺
通殿 桁行二間、梁間一間、一重、唐破風造、銅板葺
拝殿 桁行四間、梁間三間、一…
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02272
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1992.08.10(平成4.08.10)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1
重文指定基準2
所在都道府県 島根県
所在地 島根県隠岐郡西ノ島町大字美田
保管施設の名称
所有者名 焼火神社
所有者種別
管理団体・管理責任者名
焼火神社
写真一覧
地図表示
解説文:
焼火神社は、隠岐島前西ノ島の南西に位置し、航海安全の守護神として信仰をあつめている。
 本殿・通殿・拝殿は、山腹の岩盤を利用して建つ構成に特徴がある。本殿は、享保十七年(一七三二)の建築で、大坂の大工が大坂で木造りし、現地で米子の大工が組み立てるという珍しい方法がとられた建物としも注目に値する。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  添付ファイル なし