国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 吉備津神社御釜殿
ふりがな きびつじんじゃおかまでん
棟名
棟名ふりがな


吉備津神社御釜殿
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/神社
時代 桃山
年代 慶長17
西暦 1612
構造及び形式等 桁行七間、梁間三間、一重、入母屋造、本瓦葺
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02100
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1980.01.26(昭和55.01.26)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1
重文指定基準2
所在都道府県 岡山県
所在地 岡山県岡山市吉備津
保管施設の名称
所有者名 吉備津神社
所有者種別
管理団体・管理責任者名


吉備津神社御釜殿
写真一覧
地図表示
解説文:
吉備津神社は吉備国の一の宮で、本殿及び拝殿が国宝、門二棟が重要文化財に指定されている。 古くから伝わる「鳴釜の神事」を行う建物で、棟札写しや鬼瓦銘により再建年代が分かる。 入毋屋造、本瓦葺で、木割が太くて質が良く、軒を隅扇垂木とするなどの特色がある。中世以来の伝統をもつ異色の建物で、類例の稀な遺例である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし