国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 輪王寺大猷院霊廟
ふりがな りんのうじたいゆういんれいびょう
棟名 本殿・相の間・拝殿
棟名ふりがな ほんでん・あいのま・はいでん
地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/神社
時代 江戸前期
年代 承応2
西暦 1653
構造及び形式等 本殿 桁行三間、梁間三間、一重もこし付、入母屋造、銅瓦葺
相の間 桁行三間、梁間一間、一重、両下造、銅瓦葺
拝殿 桁行七間、梁間三間、一重、入母屋造、正面千鳥破風付、…
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 00103
国宝・重文区分 国宝
重文指定年月日 1908.08.01(明治41.08.01)
国宝指定年月日 1952.11.22(昭和27.11.22)
追加年月日
重文指定基準1
重文指定基準2
所在都道府県 栃木県
所在地 栃木県日光市山内
保管施設の名称
所有者名 輪王寺
所有者種別
管理団体・管理責任者名

地図表示
解説文:
大猷院霊廟は德川三代將軍家光の廟であって、慶安四年遺命により造営された。
 本殿、相の間、拝殿はこの霊廟の建築中最も力をつくした部分で、全体にわたり漆を塗りこれに金箔をおし、或いは極彩色をほどこし莊麗であって東照宮とともに江戸時代初期を代表する建築である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  添付ファイル なし