国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 船頭平閘門
ふりがな せんどうひらこうもん
棟名
棟名ふりがな


船頭平閘門
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1所
種別 近代/産業・交通・土木
時代 明治
年代 明治35
西暦 1902
構造及び形式等 閘室一所
閘頭部(門扉四枚、円弧駆動ギア四本を含む)二所
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02383
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2000.05.25(平成12.05.25)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (二)技術的に優秀なもの
重文指定基準2 (三)歴史的価値の高いもの
所在都道府県 愛知県
所在地 愛知県愛西市福原地先
保管施設の名称
所有者名 国(国土交通省)
所有者種別
管理団体・管理責任者名


船頭平閘門
写真一覧
地図表示
解説文:
船頭平閘門は,岐阜,愛知,三重の三県の県境付近,木曽川と長良川を繋ぐ水路上に位置している。
 船頭平閘門は,水位調節時の停船場となる閘室と,その両端で門扉を収容する閘頭部からなる。明治20年から同45年にかけて行われた,内務省直轄の木曽川下流改修工事で建設された。設計は青木良三郎,野村年らによるもので,明治32年10月に起工,明治35年3月に竣工した。明治から大正期における,木曽・長良川流域の舟運発達と,地域経済の活性化に寄与した。
 船頭平閘門は,躯体,門扉とも煉瓦や鉄など近代的な部材を用い,また当時の最新の構法で建設された閘門である。しかも,両端を内開きと外開きの二重の門扉とする複閘式閘門として,我が国最初期のものである。構造形式,築造技術からみて,日本近代の閘門史上,貴重な土木構造物といえる。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  添付ファイル なし