国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 歓喜院
ふりがな かんぎいん
棟名 聖天堂
棟名ふりがな しょうでんどう
歓喜院 聖天堂 奥殿
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/神社
時代 江戸中期
年代 延享元(奥殿・1744)、宝暦10(中殿・1760)、宝暦6(拝殿・1756)
西暦
構造及び形式等 奥殿 桁行三間、梁間三間、一重、入母屋造、両側面軒唐破風、
   背面千鳥破風及び軒唐破風付、向拝一間
中殿 桁行三間、梁間一間、一重、両下造
拝殿 桁行五間、梁間三…
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02163
国宝・重文区分 国宝
重文指定年月日 1984.12.28(昭和59.12.28)
国宝指定年月日 2012.07.09(平成24.07.09)
追加年月日
重文指定基準1
重文指定基準2
所在都道府県 埼玉県
所在地 埼玉県熊谷市妻沼
保管施設の名称
所有者名 歓喜院
所有者種別
管理団体・管理責任者名
歓喜院 聖天堂 奥殿
写真一覧
地図表示
解説文:
 歓喜院は高野山真言宗に属し、治承3年(1179)の創建と伝わる。現在の聖天堂は、享保5年(1720)に歓喜院院主海算(かいさん)が再建を発願、民衆の寄進を募り、地元の大工林兵庫正清(まさきよ)によって建設されたものである。
 奥殿、中殿、拝殿よりなる権現造の形式で、延享元年(1744)に奥殿と中殿の一部が完成し、宝暦10年(1760)までに中殿と拝殿が完成した。とくに奥殿は多彩な彫刻技法が駆使され、さらに色漆塗や金箔押などによる極彩色を施してきらびやかに飾る。また、拝殿正面を開放として参詣の便をはかるなど庶民信仰の隆盛を物語る建物である。
 聖天堂は、江戸時代に発展した多様な建築装飾技法がおしみなく注がれた華麗な建物であり、技術的な頂点の一つをなしている。このような建物が庶民信仰によって実現したことは、宗教建築における装飾文化の普及の過程を示しており、我が国の文化史上、高い価値を有している。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし