国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 安楽寺八角三重塔
ふりがな あんらくじはっかくさんじゅうのとう
棟名
棟名ふりがな


写真提供:安楽寺
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1基
種別 近世以前/寺院
時代 鎌倉後期
年代 鎌倉後期
西暦 1275-1332
構造及び形式等 八角三重塔婆、初重もこし付、こけら葺
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 00041
国宝・重文区分 国宝
重文指定年月日 1898.12.28(明治31.12.28)
国宝指定年月日 1952.03.29(昭和27.03.29)
追加年月日
重文指定基準1
重文指定基準2
所在都道府県 長野県
所在地 長野県上田市大字別所
保管施設の名称
所有者名 安楽寺
所有者種別
管理団体・管理責任者名


写真提供:安楽寺
写真一覧
地図表示
解説文:
別所温泉近くの安楽寺は弘安年間に創建された臨済宗寺院で,鎌倉の建長寺と関係が深い。三重塔は初重に裳階を付けるため4重屋根になり,現存唯一の八角形の平面で,様式的特徴から鎌倉時代後期と考えられている。緩やかなこけら葺きの屋根,放射状の垂木,詰組とした各重の尾垂木付き三手先組物など,本格的な禅宗様である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  添付ファイル なし