重要伝統的建造物群保存地区
 主情報
名称 大田市温泉津
ふりがな おおだしゆのつ


大田市温泉津
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
種別1 港町
種別2 温泉町
面積 36.6
その他参考となるべき事項
告示番号
選定年月日 2004.07.06(平成16.07.06)
追加年月日 2009.12.08(平成21.12.08)
選定基準1 (二)伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持しているもの
選定基準2
選定基準3
所在地 島根県大田市


大田市温泉津
写真一覧
地図表示
解説文:
温泉津地区は、中世から続く温泉のある港町で石見銀山の外港として発展した。急峻で狭い谷筋を切り拓いた町並みは近世の町割りをよく残し、江戸末期から昭和初期にかけて建てられた町屋を中心に温泉旅館、寺社建築など多様な建造物が周囲の環境と一体となって歴史的景観を形成している。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし