国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 智証大師伝
ふりがな ちしょうだいしでん


智証大師伝
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1巻
種別 書跡・典籍
日本
時代 平安時代
年代
西暦
作者
寸法・重量 縦29.5cm 全長1235.3cm
品質・形状 紙本墨書 巻子装
ト書 承久二年四月二十五日静尊加点奥書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 02542
枝番 00
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2006.06.09(平成18.06.09)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 東京都
所在地 東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
保管施設の名称 東京国立博物館
所有者名 独立行政法人国立文化財機構
管理団体・管理責任者名


智証大師伝
写真一覧
地図表示
解説文:
『智証大師伝』は、円珍(814~891)の死後十年を経た延喜2年(902)10月に三善清行(847~918)が撰した伝記で、国史編纂のために朝廷に提出された。本書は曼殊院に伝来したもので、嘉承3年(1108)書写になる石山寺本(重要文化財)に次ぐ平安時代末期の古写本である。石山寺本にみえない清行の撰定記文と弟子らの作成記文が巻末にあり、草稿本の体裁を伝えている。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  一つ書 なし
  添付ファイル なし