国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 木造蘭溪道隆坐像(西来庵開山堂安置)
ふりがな もくぞうらんけいどうりゅうざぞう(せいらいあんかいさんどうあんち)
木造蘭溪道隆坐像(西来庵開山堂安置)
写真一覧▶ 解説表示▶
員数 1躯
種別 彫刻
時代 鎌倉
年代
西暦
作者
寸法・重量
品質・形状
ト書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 03584
枝番 0
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2012.09.06(平成24.09.06)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 東京都
所在地
保管施設の名称
所有者名 建長寺
管理団体・管理責任者名
木造蘭溪道隆坐像(西来庵開山堂安置)
写真一覧
解説文:
建長寺開山の中国僧、蘭溪道隆(大覚禅師、1213~78)の肖像で、塔所である西来庵に安置される。深く変化に富んだ衣文などから、没年前後に慶派仏師により造られたとみられる。宋風を意識したとみられる瞳のみに水晶を嵌める技法が注目される。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  一つ書 なし
  添付ファイル なし