国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 長秋詠藻
ふりがな ちょうしゅうえいしょう


長秋詠藻
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1帖
種別 書跡・典籍
日本
時代 鎌倉
年代 13世紀
西暦
作者
寸法・重量 縦22.8㎝ 横14.8㎝
品質・形状 紙本墨書、綴葉装冊子本
ト書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 2571
枝番
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2012.09.06(平成24.09.06)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 埼玉県
所在地 埼玉県所沢市中富南4-25
保管施設の名称 日本大学総合学術情報センター
所有者名 学校法人日本大学
管理団体・管理責任者名


長秋詠藻
写真一覧
地図表示
解説文:
 『長秋詠藻』は、藤原俊成(一一一四~一二〇四)が治承二年(一一七八)三月に自撰し、同年夏に仁和寺の守覚法親王(一一五〇~一二〇二)に進献した私家集である。名称の「長秋」は俊成の官職である皇太后宮の唐名に因んでいる。俊成の余情の深い幽玄の歌風は中世和歌の出発点となった。古伝本が少ないなかで、本書は鎌倉時代書写になる冷泉為相(一二六八~一三二八)筆と伝える古写本として貴重である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  一つ書 なし
  添付ファイル なし