国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 木造阿弥陀如来立像
ふりがな もくぞうあみだにょらいりゅうぞう
木造阿弥陀如来立像1
写真一覧▶ 解説表示▶
員数 1躯
種別 彫刻
時代 鎌倉
年代
西暦
作者
寸法・重量
品質・形状
ト書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 3601
枝番
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2013.06.19(平成25.06.19)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 大阪府
所在地
保管施設の名称
所有者名 大通寺
管理団体・管理責任者名
木造阿弥陀如来立像1
写真一覧
解説文:
いわゆる定朝様が繊細化した院政期様式による、穏やかで優美な像容をみせる阿弥陀像。像内より八条院の近臣、藤原親行(~1203)に関わる文書の紙背を用いた阿弥陀印仏が確認されたことから、同人の追善のため造像されたとみられる。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  一つ書 なし
  添付ファイル なし