国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 氷川丸
ふりがな ひかわまる
氷川丸
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1艘
種別 歴史資料
日本
時代 昭和時代
年代 20世紀
西暦 1930
作者
寸法・重量 全長  163.3メートル <BR> 幅    20.1メートル<BR> 総トン数  11,622トン
品質・形状 貨客船 鉄製
ト書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 194
枝番
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2016.08.17(平成28.08.17)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 神奈川県
所在地 神奈川県横浜市中区山下町山下公園地先
附 神奈川県横浜市中区海岸通3-9
保管施設の名称 附 日本郵船歴史博物館 
所有者名 日本郵船株式会社
管理団体・管理責任者名
氷川丸
写真一覧
地図表示
解説文:
氷川丸は、昭和5年(1930)に横浜船渠株式会社にて竣工した貨客船で、主として戦前、戦後期はシアトル定期航路に就航し、戦中期は海軍特設病院船、終戦直後は復員船、引揚船等として使用された。昭和35年、現役を引退し、宿泊・観光に供するための改装工事が施され、保存船として今日に至る。
 氷川丸は、デッキを9層積み上げた構造をもつ外洋航路用の貨客船である。激しい風浪に対する耐久性を得るために次のような安全性の高い設計がなされた。鋼板の建造はリベット工法で、外板には18・3ミリメートル以上と通常より厚い鉄鋼板が用いられる。船底は二重、A、B、Cデッキの三層は全面鋼板にて床が形成される。船首部にはパンチングストリンガーと呼ばれる水平補強材が我が国で初めて採用された。万一の浸水に備えてスライド式水密扉を設置するなどして平面上で10の水密区画を形成し、SOLAS(The International Convention for the Safety of Life at Sea)を批准した船舶安全法(昭和8年施行)を先取りした安全対策を講じる。防火設備では、先進的な煙管式火災探知装置および同管を利用した二酸化炭素消火設備が設置された。
 建造当初の客室定員は、1等35室75名、2等23室69名、3等25室138名の合計282名であった。貨物搭載量は10,274トンを確保し、船倉への貨物搬入のためにハッチを6か所設置する。特に重要輸出品であった絹製品を安全に輸送するために、C、D デッキの三か所に防水区画を形成し内装に木板を貼ったシルクルーム(専用倉庫)を設置した。また、船体中央部に32.69メートル高の機関室を設置し、大型、高出力のデンマークの「B&W(バーマイスター&ウェイン)」社製複動型4サイクル8気筒ディーゼルエンジン2機2軸を配置する。
 船室の内装は、1等社交室、同食堂、同食堂前主階段、同喫煙室、子供室及び読書室が当時のフランスを代表する船内内装設計者であるマルク・シモン社の設計になる。これらの部屋は、一部に改変のあとがあるものの総じて当初の内装をとどめる。アールデコ様式が我が国に直輸入された最初の建築意匠といえ、客船の内装史上では、クラシックやアールヌーヴォーからアールデコに推移する最初期に位置するもので、建築史上、工芸技術史上に貴重である。
 なお、航海日誌や修繕及び模様替えの記録等を収載する甲板部記録、機械設備類の青図等図面類が伝存し、附として保存を図る。
 本船は当時における先進の造船技術を導入して国内にて建造された貨客船であり、海外との輸送手段を貨客船が担っていた時代、及び戦中戦後の激動の時代において、社会・経済史上に大きな役割を果たした。戦前期に多数建造された外洋航路船の現存唯一の遺存例として、近代交通史上、造船技術史上などに貴重である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  一つ書 なし
  添付ファイル なし