国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 伯耆長瀬高浜遺跡出土埴輪
ふりがな ほうきながせたかはまいせきしゅつどはにわ
伯耆長瀬高浜遺跡出土埴輪
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 一括
種別 考古資料
日本
時代 古墳
年代
西暦
作者
寸法・重量
品質・形状
ト書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 00420
枝番 00
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1986.06.06(昭和61.06.06)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 鳥取県
所在地 東伯郡湯梨浜町大字久留19-1
保管施設の名称 湯梨浜町羽合歴史民俗資料館
所有者名 湯梨浜町
管理団体・管理責任者名
伯耆長瀬高浜遺跡出土埴輪
写真一覧
地図表示
解説文:
長瀬高浜遺跡は天神川の右岸、この砂丘上に位置する。
 本埴輪群の一括は、径約八メートルの不整円形を呈する土壙から出土したものである。土壙の埋土は上下二層に分かれ、下層には井戸遺構に伴う多数の土師器群を含み、埴輪群はこの上層から一部は樹立した状態で出土した。この遺構の性格は今ひとつ明らかではないが、埴輪の諸内容は古墳出土品と特に変わるところはない。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  一つ書
  添付ファイル なし